ダーツが上手くなる練習法なら

ダーツの持ち方 (グリップ)

ダーツを始めて投げ方で一番最初に悩むのがグリップではないでしょうか。

 

いろんな種類の持ち方がある中で、自分はどの持ち方が合っているのか試せば試すほど分からなくなっていきます。

 

ところが、人それぞれプロの方も含めて持ち方はみんなバラバラです。

 

いろんな持ち方を試し、自分に合ったグリップを見つけることが大切です。

 

そこで、グリップの種類とメリット・デメリットの説明をしていきます。是非、参考にしてみて下さい。

 

ダーツの基本的な持ち方には3種類あり、2本指で持つ2フィンガー、3本指で持つ3フィンガー、4本指で持つ4フィンガーがあります。

 

具体的にどのようにして持つか、詳しく説明していきます。

ダーツの持ち方 | 2フィンガー

 

親指と人差し指の2本を使った持ち方です。

 

自分に合った持ち方はそれぞれ違いますが、この持ち方は持ったときに安定感がないため、すっぽ抜けたりすることがあります。

ダーツの持ち方 | 3フィンガー

 

親指と人差し指でダーツを挟み、中指を支えるようにして持ちます。

 

スタンダードな持ち方です。ダーツを持ったときにも安定感があるので初心者の方はまず、この持ち方から始めることをおすすめします。

ダーツの持ち方 | 4フィンガー

 

親指と人差し指でダーツを挟み、中指と薬指で支えるようにして持ちます。

 

4本の指を使うので、ダーツを持ったときの安定感はあるのですが多くの指を使う分、投げるとき指が引っ掛かってしまう場合があります。