ダーツが上手くなる練習法なら

ダーツの立ち方 (スタンス)

ダーツの立ち方には、オープンスタンス、スタンダードスタンス、クローズドスタンスの3種類があり、それぞれの立ち方の説明と、メリット、デメリットをもとに解説していきます。

 

是非、参考にし自分に合ったスタンスを見つけて下さい。

ダーツの立ち方 | オープンスタンス

ダーツボードに向かって、真っ直ぐ正面に立つスタンスです。

 

メリット

正面に向いて、真っ直ぐにダーツを投げれる為、テイクバックのときに顎の下あたりまで腕を引く人にはおすすめのスタンスです。

 

ボードに向かって真っすぐ立つので、楽な体勢で的を狙うことができます。

 

デメリット

オープンスタンスは体重をかけずらくバランスが不安定になるため、狙いがブレやすいのがデメリットです。

 

正面に向かって真っすぐ立つため、スローイングのときにバランスがとりずらく、体が窮屈な感じで、投げにくいのが事実です。

 

当然狙ったところに安定してダーツを投げることが難しくなってしまいます。

 

ですが、自分に合った一番投げやすいスタンスで投げることが大事です。いろいろ試した中で自分に合ったスタンスを選んでください。


ダーツの立ち方 | スタンダードスタンス

ダーツボードに対して斜め45°に立つスタンスです。

 

メリット

体重もバランスよくかけられるため、比較的、自然体でダーツを投げることができます。

 

デメリット

どうしても前に体重がかかるので長時間投げていると、つま先が疲れてきたりすることがあります。

 

一番スタンダードな立ち方で、プレイヤーの中でも多く見られます。ダーツを始めたばかりの初心者の方は、まずスタンダードスタンスから試してみることをおすすめします。


ダーツの立ち方 | クローズドスタンス

ボードに対して、真横に立つスタンスです。

 

メリット

スローラインに前足を合わせて立つので、それが目安となり、毎回同じスタンスをとりやすいのが特徴です。

 

そのため、スローイングのときにまっすぐ同じフォームで投げることが出来れば、狙ったところに投げることができます。

 

デメリット

前足に重心がかかっているため、投げるときに後ろ足が浮いてしまうことがあるので注意しましょう。

 

この体勢は、体を真横にした状態でにして腕を振りますので、始めのうちは体にストレスがかかって投げにくいかもしれません。

 

しっかり練習して慣れる必要があります。