ダーツが上手くなる練習法なら

ダーツの名称

 

ダーツは4つのパーツで構成されています。
それぞれ取り外しが出来る為、部分ごとに自分に合ったパーツに変更が可能です。
そうして自分だけのマイダーツを作っていくのです。

 

ティップ

ダーツの先端の針の部分です。ティップは消耗品なので、使用しているうちに曲がったり折れたりするので、常に予備を持っておく必要があります。
ティップには材質や長さ、形など様々な種類があり、プレイヤーの好みによって自由に選ぶことができます。
その他、ハードボード用の先端が鉄製のものがあります。

 

バレル

バレルはダーツ中心部分として、バランスを調節する大事な部分です。
バレルの素材にはタングステンとブラスがあり、ダングステンは比重が高く、ブラスはタングステンと比べて比重が軽い為、重さを出すため径が太いのが特徴です。
ダーツは細い方が一点を狙う時に集中しやすく精密なコントロールができることから、現在はタングステンが主流であり、形やデザインも多く人気があります。

 

シャフト

シャフトは、ダーツの長さとバランスを調節する部分です。
長めのシャフトには、大きめのフライトを付け、短めのシャフトには、小さめのフライトを付けると、バランスがとりやすくなります。
素材には、プラスチック・アルミ・グラスファイバー・チタンなどがあり、多く使われているのはプラスチック製のものになります。
ですが落下したときに破損するなどの欠点があります。
逆にアルミの場合は重さがあり、全体のバランスがとりにくくなる場合があります。
グラスファイバーやチタンは軽く、耐久力もあるのですが、プラスチックと比べて値段が高くなります。

 

フライト

ダーツの飛びを安定させる羽の部分です。
大きさや形には種類がたくさんあり、大き目のフライトになると風の抵抗が大きく安定してダーツを飛ばすことができます。
小さ目のフライトになると、安定性は低く、直線的な飛び方をします。
形や色も様々で、自分好みのフライトでオシャレなマイダーツを作ってみてはどうでしょうか。